夜勤で崩れる食生活

衣食住は生活の基本として知られていますが、その中でも身体を作る食事は重要なものです。規則正しく栄養バランスの整った食事をすることは健康維持に欠かせないことであり、体力面や精神面で負担の大きい生活をしている人ほど重視する必要があります。

看護師として働いている際にしばしば問題になるのが食生活であり、その問題の原因となっているのが夜勤です。夜勤が回ってくるとその日は午後や夕方から明け方にかけての出勤になり、通常とは異なるリズムで生活する必要が生じてしまいます。そのため、どのようなタイミングでどれくらいの量の食事をしたら良いかがわからなくなってしまい、食習慣が乱れてしまうことになるのです。それが原因で痩せたり太ったりする人もいれば、体調を崩してしまう人もいるのが事実であるため、適切な対策を練ることが重要になるでしょう。

その解決策として意外に役立つのが、食事のリズムを変えないということです。食事をする時間は日勤でも夜勤でも極力同じにしてしまって、睡眠をとる時間だけを変えるようにすると、食生活の乱れを最小限に抑えることができます。活動をすればお腹が空きやすく、眠っていればお腹が空きにくいものであるのも事実でしょう。食事の時間は変えずに量だけを変えていけば、適切な量と栄養バランスの維持をしていくことができます。夜勤の時間に合わせて食事の時間を変えていくよりも単純明快でありながら、身体への負担も小さい解決方法となるのです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


Powered by WordPress. Designed by Försäkra Online.